ホームページの制作は目的と現状から考えたらいいよ【企業編】

ホームページ制作

自社のホームページを作ることになったけど、何をすればわからないと言った相談のとき、いつも回答していることがあったのでその内容をまとめておきます。

少しでもお役に立てればと思います。

失敗しないホームページ制作を目指して頑張りましょう

まず目的を明確にしましょう

ここが重要です。

ホームページを作って何がしたいのか?

集客、看板がわり、採用、販売、自己満足などなど、企業によって様々なサイトを作って来ました。

ある程度の企業になると数百万の予算はあると思いますので、その場合は、代理店や制作会社に目的の部分も含めてお願いするとよろしいです。

でも、どの企業もそんな予算は取れないところがやはり多かったりします。

その場合は、まず自社の関わる人の中で目的を共有することから始めましょう。

その目的が、単純に、「他の企業や役所、協会などの対面的にホームページがないとおかしい」とか「会社も大きくなって来たのでホームページを作ろう」とか、目的が「ホームページを作る」だけというのであれば、とても簡単です。

でも、企業の場合、そうでもないところもあります。ホームページならではなのですが、ホームページにできることが多いため、担当者になった人は迷ってしまうのです。

例えば、目的が「取引先を広げたい」とか「もっと集客したい」とか「自社の商品をもっと売りたい」とかになると、単純に「ホームページを作る」という域を脱して、もっと予算や手間をかけて「ホームページで営業活動をする」ということしなくてはなりません

他にも、目的が「ホームページからの採用を増やしたい」とかであれば、採用を主軸に置いたホームページの設計が必要になり、場合によっては、別のURLで採用専用のホームページを立ち上げたりすることもあります。

当然、やりたいことや目的が増えると当然、予算や担当者の手間が増えてしまいます。

もし、数十万程度しか予算の確保ができず、ホームページのことがわからないのであれば、まずは社内で目的を絞って、まず「ホームページを作る」という目的を第一段階にしましょう。

この課程で、本来の自社のホームページでの目的が見えて来ない場合もよくあったりします。

10万以下の予算で企業がホームページを作成したい場合は、私のような人に相談してみましょう。

自社の現状を分析しよう

目的が定まらなかったら、自社の分析をします。

例えば、「営業活動でクライアントに、御社ことがわからない」と言われていれば、紙の会社案内がないとか、ホームページがないとかが考えられます。

現状、御社で困っていることはないのか?を洗い出します。これはホームページに限ったことではないので、自社のこと全てで考えましょう。

さらに、担当者以外の従業員が業務でどうしたいとか、どうしたら効率が良いとかも話聞いてみるのもいいでしょう。

やりすぎると手間ばかりが増えるので現状は軽くに聞く程度で、もしホームページに大きく関わりそうなところだけをピックアップして、いくつかを検討の材料にしましょう

おそらく、それを実施すると予算が跳ね上がるものもでて来ていると思うので、あくまでできれば反映させるくらいの気持ちが良いです。

ここを重視してしまうと、ホームページ完成までに3年とかかかってしまう勿体無い企業の担当者になってしまいますのでご注意ください。

やれることは自社でやりましょう

もし自社でできる人がいれば、その人をちゃんと業務として、巻き込みましょう。

必ずトップダウンで、会社として、業務で作業に当たれる形にしないと必ず失敗しますので、大手のホームページ制作会社は嫌いますが、ちゃんとできるのであれば、私はできることは自社でやられて方が良いと思っています。

ただ、やはり人は業務でない作業をやるのは、すぐやめてしまいます。暇であれば続けられる人もいますが、大抵は本業が忙しくなってしまい全くやってくれなくなってしまい、そこが進まないとホームページ全体に支障をきたすのです。

ホームページは、色々な要素で作られています。

大きなものでいうと、デザイン、システム、文章、写真、SNSとかです。

制作会社でも、全てを一人では対応していません。

個人的なサイトや趣味のブログなどであれば全てを一人でやるしかありませんが、企業のホームページとなると商売なのでそうも行きません

ただ、業務として手伝ってもらえる人がいるのであれば、上司に掛け合ってその部分だけ力を借りた方が会社的には良いと思います。

その分、担当者にディレクション能力が必要になってくるかもしれませんが。

社内に、例えばSNSが得意で業務としてもやってもいいという人がいれば、自社アカウントのSNSを開設して、お任せした方がいいです。

自社アカウントの運営は、ほとんどの制作会社ではやってなく、やっていても意味のない投稿ばかりになるのでやめた方が良いです。私も請け負ってはやっておりません。SNSは自社で投稿ができないのであれば、なしで良いと思います。今後、SNSが得意な人が入って来たら、業務に空きがあれば、やってもらえば良いと思いますし、目的によっては、専属の社員やパートさんを雇って対応している企業も多いです。

また、ホームページに使う写真は、制作会社から専門のカメラマンが撮影にいく場合もありますが、予算がない企業や社内にカメラに強い人がいれば、ホームページ用の写真を業務として撮ってもらうのも手です。

ただ、企業をよく見せたい場合や業務中の写真を取りたい場合は、プロのカメラマンを頼んだ方が間違いのない写真ができますので、予算と相談してください

一番重要なのがコンテンツ(文章)を作ること

昔からホームページは、システム系の人が担当になることが多いのですが、実は文系の人の方が担当になった方が失敗がありません

なぜか?

理系の人が担当になると安易な見栄えや文章の薄さで、ホームページの価値が低すぎるものが完成してしまうのです。

デザイン事務所は、除きますが、いくらデザインが優れているホームページを作っても、コンテンツが充実しているホームページには負けてしまうのが現状なんです。

現在、ホームページに求められるのは、文章なんです。

youtubeに代表される動画やtwitterやfacebook、instagramに代表されるSNSなども流行っていますが、ホームページの基本は昔から文章と写真です。

写真は、スマホやiphoneが普及していますので、ある意味誰でも用意することができる様になっていますので、担当者が文章をまとめることが必須のスキルになって来ます。

私もシステム系ではありますが、文章をまとめることは大好きなので、少しはお客様のお役に立っているのではないかと思います。

もし、担当者が文章をかけない、まとめられないのであれば、必ず以下のいずれかを決めた方が、担当者の残業を減らせますし、失敗の可能性が下がります。

文章は制作会社に任せる方法

担当者もしくは上司、社長と制作会社のコピーライター、ライターなどに取材させて、ホームページの文章を作成するので、担当者は、質問に答えるだけです。また、社長や上司は自社のことを担当者より熟知していますし、情熱もあるので、ライターにも、ホームページを見た人にもその熱意が伝わるようになります。

上司もしくは、自社のことを知っている文章が得意な人にお願いする方法

ホームページ全体の構成などは、担当者と制作会社でやるとして、そこに入れる文章を自社で、自社のことをある程度知っていて、情熱を持って文章がかける人に業務としてお願いする方法です。これは、当然上司や社長の場合もあります。

大手企業になるとホームページ担当者が決まると同時に文章がかける人もアサインされて一緒にやることが多いです。

作文ではないので、まとめる力も必要になるので、そういったスキルを持っている人がいれば、最高です。

ただ、本業の隙間にお願いできる量であればいいのですが、量が多い場合は一時的に本業から外して、それに専念してもらう場合もあります。

この場合、その人のスキル次第で時間や品質が変わってしまうので慎重にディレクションが必要になって来ます

担当者が自分で作る方法

もしスキルがなくても、やってみれば結構できる場合が多いのが、担当者自らコンテンツを用意する方法です。

もちろん、自社を熟知していなくても、文章のスキルがなくても自分で文章をまとめますが、当然時間がかかりますが、今後ホームページ担当者としてやっていくには、この場合が良い場面もあったりします。

それは、後々の文章の変更が気軽にできるという点です。

もし、上司や社長が文章を作ったとなると、明らかなミス以外はその文章に手を入れるには、上司や社長、文章を書いた本人にも許可をいただくことが必要になって来ます。文章が書いた人が自分の部下であれば、遠慮なく文章が変えられますが、人の書いた文章に手を入れるのはやはり気がひけるため、大胆な文章の差し替えはできなくなって来ます。

つまり更新頻度が下がる

ということになります。

ホームページの価値が下がってしまう要因の一つです。

文章が得意な人と比べる必要はありません

ホームページの文章は、本当にその文章を読みたいと思った人しか、読みません。

企業のホームページの文章読みますか?

興味がなければ絶対読まないのです。

なので、あまり深く考えなく良いのです

文章の上手下手はあまり関係ないので、ホームページを作る時に、100%の文章は必要ないのです。

公開時は50%の文章で構いません。

その次の月から毎月5%でも良いので、文章を見直して変更しましょう。

その方が気兼ねなくホームページの価値を上げることに繋がってくるのです。

予算がなければ、CMSは必要ありません。文章の差し替えだけなら、制作会社にお願いしても1件数千円レベルで対応してくれるので、全ページを毎月差し替えるということでなければ、CMSの導入はなくても良いので、更新して価値を上げるようにしましょう

 

 

 

最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

他の記事もぜひ確認していってください

ご質問、ご相談はこちらから

ホームページ制作
yoshioをフォローする
沖縄でホームページ制作、webシステム開発、ITコンサルティングをしています

コメント